藤井輝明 学校教育オフィシャルサイト
>> TOPへ戻る    >> お問合せ
学校教育活動概要
プロフィール

藤 井  輝 明
◆ 略 歴
* 1957年 東京都国立市に生まれる
* 1982年 中央大学経済学部産業経済学科卒業
* 1989年 千葉県立衛生短期大学第一看護学科卒業
* 1991年 筑波大学大学院修士課程修了(健康教育学)
* 1996年 名古屋大学大学院医学研究科博士課程修了(健康増進科学講座)
* 飯田女子短期大学専任講師
* 岐阜医療技術短期大学助教授
* 熊本大学医学部保健学科看護学専攻教授
* 鳥取大学大学院医学系研究科教授
* 2009年 東京大学大学院客員研究員
* 2011年 中央大学保健体育体育研究所客員研究員

◆ プロフィール
* 2歳の頃、顔の右半分にふくらみ(難病の一種である血管奇形の海綿状血管腫)が現れ、そのため幼少の頃からいじめにあい、辛い少年時代を過ごした。
* 医学・看護学・社会福祉学を志し、大学、医療機関、小中高校、企業研修など幅広い領域で小児医療・保健、在宅・高齢者看護・介護、障害者福祉などの視点から専門講義・実習を担当・指導している。こうした活動の一部を記録した写真集(ロマンティック・リハビリテーション)(ランダムハウス講談社)と写真展が2009年3月、第18回林忠彦賞(写真界最高賞)を受賞した。
* 顔に病気や傷を抱える人の偏見・蔑視をなくすため、自身の体験を基にして全国各地で講演活動や著作活動を行っている。なお、2012年度中学道徳 3 年副読本「心つないで」(教育出版)P74~79 第14項「あなたは顔で差別をしますか」でも教材として取り上げられている。
* 行政書士としての経験・知識をいかして、市民のための幅広いカウンセリング・法務相談活動を実践している。
* 『てるちゃんのかお』(金の星社)を使用して幼児・児童達に「紙芝居」よみきかせ活動を全国的に実施している。
*昨年公開されたアニメ映画『おおかみこどもの雨と雪』のモデルになっています。
舞台は国立の一橋大学、藤井が生活している街です。
作品では容貌に関する問題が取り上げられています。おおかみこどもの姉弟の姉・雪の優しいボーイフレンドが“藤井君”として登場しています。

活動事例のご紹介
自身のいじめや差別体験から、顔に病気や傷などを抱える人たちに対する偏見をなくすために、教育機関での講演・交流活動を積極的に行っております。
日野市立第七小学校
杉並区立杉並第九小学校
豊島区立さくら小学校
交流授業の様子
紹介記事
教育活動について紹介頂いている記事や、藤井を題材とした授業の実践例です。
川崎市教育委員会 川崎市立中学校教育研究会
岡山県ホームページ
中央大学記事 人-かお(読売オンライン内)
インタビューサイト 繋がリアン
SEIKYO Online(聖教新聞)
佼成出版社『やくしん』
小学校での絵本読み聞かせ活動